« 全粒粉のパンを作る | トップページ | 一個作る »

2006年10月24日 (火)

涙を作る

Namida
小さい頃はテレビを見せてもらえなかった家だったけど、
中学生か高校生になると父親が単身赴任したりで、
母親と時々ドラマや映画をみていた。
たいてい、私はぼーっと、「へ〜、こんな辛い目にあったりするのか〜」
と人ごとのように画面を眺めていたのに、「ずるずる、ずるずる…」
ぱっと横を見ると、母親は目を真っ赤にして泣いている。
「え?ここ、泣くところなん?」

人前で泣く。という行為が恥ずかしいと小さい頃から思っていた私は
ドラマで泣く母親を見ても恥ずかしいと思ってしまった。

それがどうよ、大人になったら母親と同じ状態になってる。
ドラマどころか、ニュースを見ても、スポーツを見ても
音楽を聴いても、コマーシャルの言葉をきいても、
「うっ」と一瞬感じるものがあったら、およよよよ。
涙が出てるのだ。
おかしい、こんなはずではない。
おばあちゃんのお葬式でも友達のお葬式でも
泣きたいのガマン出来たはずやん。

そう、もうガマンすることが出来ないのだ。
喜怒哀楽がけっこう激しいくせに、
今まで、人前では冷静を装うくせがついてしまっているので
感情を出すことをあえてしなかった。
今でもめったに出さないけど。
兄弟や昔からよく知ってる人は、
「オマエは呑気そうな顔してるけど、
ほんまは気性激しいよな。すぐ怒るし、すぐ泣くし。」
げ、見破られてる。

でもそういう見破ってる人と一緒にいるのは心地いい。
何やってもフィルターをかけて私を見ないから。

「ほのぼのしたわたし」は仮面で、
「喜怒哀楽の激しいワガママ女」と思ってくれても
付き合ってくれる…。

やだ、
ほんとうれしくって涙が出るわ。
ずるずる…


« 全粒粉のパンを作る | トップページ | 一個作る »

つくるくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全粒粉のパンを作る | トップページ | 一個作る »

  • 726tuki
  • 726
  • 725tizu
  • 724han_2
  • Photo
  • Fax
  • 721tane
  • 720power
  • 719
  • 718

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ