« 匂いを作る | トップページ | 空間を作る »

2006年10月 3日 (火)

顔を作る

Kao
思春期の時はすごくいやだったこの顔。
なんで鼻丸いのか、目がたれてるのか、口小さいのか、
もうないものねだりもいいところで、普通に鼻高くなりたいと思って、
洗濯ばさみはさんで寝たり、髪の毛を思いっきりきつく結んでつり目にしたり、
しょーもない努力をしてた。
でも大人になると、パーツがどうこうで悩むこともなくなったし、
ある程度見慣れてくると、不細工でも親しみがわいてきて、
ときどきかわいらしく見えてくるもんなんよね。
今も、ますますそういうパーツは気にならなくなったけど、
疲れやストレスを感じた時の顔は恐ろしいくらいおばん顔だ。というのがわかった。
そうなると内面が充実してないといい顔にならない。

好きなことしてるか?好きな人に会ってるか?好きなもの食べてるか?
もちろんそんな自分の好みのことばかりせず、
ストレスを感じたり、プレッシャーを感じることも、
それを吐き出す方法をしっていたら、ますます抵抗力がアップして強くなるし、
嫌と思ってることに逃げないことも大切だけどね。

結局年齢を重ねたらしわもしみもいっぱい出来るし、
どんなきれいな人もおばんになるんだから、
内面の充実って一番重要だなぁ。って思う。
80歳のおばあちゃんでもかわいい人はかわいいもん。

そういえば、小学生の頃、顔でうじうじ悩んでいたとき、母親が
「そんな気になるんやったら整形したらええやん」と一言。
普通の母親って娘にそんなこというのかのぉ〜
でも、おかげで外見のこといちいち悩まなくなりましたよ。

ちなみにうちのお米(玄米)に、ものすごい虫がいっぱい発生したので、
洗うたびに「うぎゃ〜」と思いながら、30回くらい水かえて洗ってたんだけど、
そのこと母親に言っても
「ええやん、虫はええたんぱく質やし、栄養あるやん。
そんな気持ち悪いんやったらこっちに送ってや」
とまた一言。
うじうじしてるのがきらいな母親のおかげで、
なんでもプラス思考に変えられるようになりました。

この顔に生まれたのは、遺伝子の結合の結果だけど
それを活かせるのは私自身なんだもんね。
考え方一つでいくらでも良くも悪くもなる。
顔もどんどん変化していくものなのだ〜。

« 匂いを作る | トップページ | 空間を作る »

からだをつくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 匂いを作る | トップページ | 空間を作る »

  • 726tuki
  • 726
  • 725tizu
  • 724han_2
  • Photo
  • Fax
  • 721tane
  • 720power
  • 719
  • 718

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ