« 吐き気を作る | トップページ | 大人体質を作る »

2007年2月 2日 (金)

色を作る

Iro
人のセンスやバランスや形などは
ある程度訓練したらよくなるらしい。
(全くならない人もいるらしいけど)
その中で「色」という感覚は
育った環境や小さい頃に受けたものが
最も身体にしみついていて、なかなか変えられないという。

三つ子の魂百まで。というくらい、
物心がついてない頃に、その子の性質や、人への接し方、
愛し方から、好きなものまで、ほぼ決まってしまうと
聞いたとき、驚いた。

自分で意識的に作ったものではなくて、
もう出来上がっているものに、私たちは構築してるんであって、
その無意識の自分をいかに引き出すかで、
もっと知らない自分の能力も引き出せるみたい。

色に関しても私は海のそばで育ったせいもあって、
紺や青が一番落ち着く。
赤も好きなのだが、多分、兄弟の中の女一人もあって、
母親がよく私に着せていた服の色だったからだと思う。

まあ、仕事では、日本海のカラーはダークで沈みすぎるので、
意識的にきれいな色を使うようにはしていても、
いざ、自分の好きなように作品を作りましょう。となると、
無意識に沈んだ色になってしまう。

身体に染みついた色。
微妙な色トーンは無限にある。
組合せによっても色が生きたり死んだり。
もっていく場所によっても生きたり死んだり。

色を作るって、一言にいっても
すごい大変な作業なんだぁ。

« 吐き気を作る | トップページ | 大人体質を作る »

つくるくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 吐き気を作る | トップページ | 大人体質を作る »

  • 726tuki
  • 726
  • 725tizu
  • 724han_2
  • Photo
  • Fax
  • 721tane
  • 720power
  • 719
  • 718

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ