« 食べ物のうらみを作る | トップページ | いなかっぺを作る »

2008年2月12日 (火)

発情期を作る

Hatujyo
もうすぐ春だなぁ。
春といえば、生き物たちの発情期。
なんで人間にもそういうのがないんだろうね。
世代的に言ったら10代から40代くらいまでが
まさに人間の発情期。という感じだけど、
永遠に発情期の人だっているし、決まりなんてないもんね。

いつだったか、バーでの会話。
20代の青年も多く、まあよくある下ネタの話しになってきた。
その中で「ボク、性欲ないんです」
と一言。
彼女もいるし、見た目もイケメン系。
さすがに彼女にも怒られることがあるそう。

これって、え?と思うけど、ほんとこれは、
人口を減らすために神様がオスをメス化させるための
策略ではないか。と思うほど。
もちろん最近の環境ホルモンの影響で確実にオスがオスで
なくなってきているのだろうけど、
どんどんメスが強くなっていくのがわかる。
だって、どちらかが弱くなるということは、どちらかが強くならないと
前に進まなくなるんだもの。

発情しないオスの増加。

うちのおばあちゃんでさえもテレビから得た知識で
「この頃の子は精子が少ないのよね」
(だから曾孫がみられないのね。というのを遠回しに言っている。)

はて、永遠に発情できるメスになってしまうのも、
怖いけどね。

« 食べ物のうらみを作る | トップページ | いなかっぺを作る »

つくるくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食べ物のうらみを作る | トップページ | いなかっぺを作る »

  • Fax
  • 721tane
  • 720power
  • 719
  • 718
  • 717
  • 716
  • 715
  • 914
  • Mousou
  • 712
  • 711

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ