« 春の喜びを作る | トップページ | 1年分作る »

2008年4月 8日 (火)

食べてくれる人を作る

Tabetekureru
はっきり言って、ほんとは迷惑だと思う。

「おかし作りは好き。」といっても、
「うまく作れる。」と比例しているわけではない。
失敗の連続。
食べることができるけれど、
明らかに売り物にはならない(売り物にする気はないけど)
おまけに、作っているときは楽しいけれど、
作り上がったものにはそんなに興味がないので、
食べたいとあまり思わない。
ということは、結局失敗しようが成功しようが、
捨てるつもりはないので、誰かの腹に埋め込んでもらわないと
困る。
結局事務所に持っていくしかない。

長時間同じところにいると、
別段仲良しでもなくても、なんとなく家族のような感覚になってくるから
なんでも言えて、なんでも許してもらえるような錯覚に陥る。

「なんか、うまくない…」と思っていようが、
無理矢理にでも食べてもらう。
そして「うまい」とは言わせなくても、
どうにかして褒め言葉を頂こうとする。「味わい深いね。」とか
「素朴な味だね。」なんてね。

ああ、ほんとなんだかんだ言っても食べてくれる人がいるのって
ありがたい。
ほとんど実験台と言っていいけど。
で、これをカタカナで言うと「モニター」になる。

だって少しでも上達するには、
人に食べてもらうのが一番だもんね。

いや、ありがたやありがたや…。

« 春の喜びを作る | トップページ | 1年分作る »

つくるくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の喜びを作る | トップページ | 1年分作る »

  • 751
  • 750
  • Photo
  • 748
  • 747
  • 746_2
  • 745
  • Photo
  • 743
  • 742
  • 741gin
  • 740

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ