« 食いしん坊侍を作る | トップページ | さぼたびを作る »

2015年3月16日 (月)

焙煎機君を作る

Baisenki_2

絵の仕事をしている人って、
「小さい頃から絵が好きで。」という人が多く、
私もその一人だったかもしれないけれど、 他の人とは異なるのは、
授業を聞いているよりは落書きしている方がいいわ。
という感覚の程度で、絵に対する情熱が大きい訳ではなかった。

未来のことを考えて、なんの仕事しようかと
子どもの頃、夢をみる。
そうすると取り立てて得意なものもなかった子どもにとっては
消去法で、一番楽なものを選ぶ。
それが「絵を描くこと」 だったかもしれない。

絵といっても、人や自然やわけのわからないものを描くのは好きでも、
写生大会に船や車を描くことになると途端に固まっていた。
そんな私を試すかのように、イラストの仕事を始めてから
苦手意識のあるものが次々にやってくる。
まさに 固いものや、堅いものを分かりやすく表現すること。
が、次から次へとやってくるのです。

でも今ではとっても好きです。
堅いイメージのある会社や
何してるのかよく分からない分野の学校などを解りやすく、
私の脳でかみ砕いて子どもにも伝わるように。
をモットーにイラストやことばに変換します。

この焙煎機君もそんなに大したことはしていませんが、
美味しい珈琲を作るための機械。と思うと、
生きているキャラクターのような感覚を覚えつつ
機械の気持ちを考えつつ
描いたのだと思います。

今では、自分で自分の固い思い込みを取りながら、
アイデアを出す作業は苦しいときもあるけれど、
山登りをしているような、かなり気持ちのいい仕事です。

焙煎機君はTシャツの中で今も存在しています。

« 食いしん坊侍を作る | トップページ | さぼたびを作る »

イラストのしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食いしん坊侍を作る | トップページ | さぼたびを作る »

  • 728
  • 726tuki
  • 726
  • 725tizu
  • 724han_2
  • Photo

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ