« はこから作る | トップページ | 表紙を作る »

2015年9月17日 (木)

紙から作る

659kami

一枚の白い紙。
絵がすきな子に「はい、なんでも好きなもの描いていいよ」
と渡してみる。 なかなか描かない…。

でも、
「ここに丸い池があってね。
ここの周りには大きな家がいっぱいあってね…」
または
「道の真ん中にこんな大きな穴がありました。
なんだか気になるのでそぉっと入ってみることにしました…」
などと、 初めの物語を思いつきのまま、
お話ししながらまるを1つ描いたとすると、
こどもは発想豊かなので 次々にその展開を作っていきます。
たった1つのまるがこんなことに!
驚くくらい全く予想のつかない世界を描いていたりします。

道具があってもそのきっかけとなる使い方がわからないと、
小さな子どもになんでも自由に。というのは
戸惑ってしまうのだと思います。

「じゆう」にしていいよ。
と言われても子どもにはその意味さえわかりません。
あるものでの枠や、今ある環境の中での
自由を作ってあげるのは そばにいるおとなの役割なのだと思います。

こどもという、より自然に近い生き物がいるからこそ、
その生き物を観察しつつ…
おとなはさらに頭をつかってがんばらないといけない

と思うこの頃でした。

« はこから作る | トップページ | 表紙を作る »

こどもとのくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はこから作る | トップページ | 表紙を作る »

  • Photo
  • 743
  • 742
  • 741gin
  • 740
  • 739hiro
  • 738
  • 737
  • Fukan
  • 735chusei
  • 734
  • 733

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ