« 波長を作る | トップページ | 色替え写真を作る »

2016年12月20日 (火)

生きてる服を作る

707

いい加減捨てたらいいのに。というものに服がある。

服にお金なんてほとんどまわらない若い頃。
定価で金額も見ずにショッピング♪
なんて、 ほんとしたことないかも。

曽祖母、祖父、祖母、父、母、兄 友人…
とにかく着ない服は頂いておりました。
いろんな服を着たいけれど、お金はない。
布から作るほど技術もない。
そうなればあるものを、どうにかしないと!
自分の体型と、 その年のはやりも意識しつつ、
作り替えることは必須。
そうでなければ、おかしなサイズを適当に着ないといけない。
いや、自分のサイズでさえも、肩がきつかったり、
丈が短かったり、気に入らないところがいっぱい。
何も気にしない人だったら楽なんだけど、
既成のサイズが合わない体型の私は
なんとしてでもバランスが少しでもよく見える服にしないと
もぞもぞして 落ち着かなかった。
まさに身体の一部を作る感じで服といつも向き合っていた。
なのでお金をかける。
(中年になるとさすがに素材のいいものも買うことがありますが…)
よりも目をかけて、時間をかける。 それに力を注いでおりました。

はさみを持つを危険な私。(特に切れ味のいい裁ちばさみを持つと)
人格が変わります。 シャキーン!
さあ、どれを生まれ変わらそう。
フランケンシュタインを作った博士の気分です。

なんども微調整をして、でも、いつも大体で作っていきます。
ウィンドウショッピングで見たあの服のイメージで。
友達が着ていたあの服のライン!
とにかくリメイクも思いつきです。

そして、リメイクしてもやっぱり日の目をみることもなかった服もあれば、
何十年も現役なものもあって、それはもう服というより
一緒に過ごしてきた生き物とさえ感じてしまいます。

リメイクには終わりはありません。
また形を変える可能性もあって、
生きている間に続けていく日々の作業の一つです。

« 波長を作る | トップページ | 色替え写真を作る »

つくるくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 波長を作る | トップページ | 色替え写真を作る »

  • Photo
  • Fax
  • 721tane
  • 720power
  • 719
  • 718
  • 717
  • 716
  • 715
  • 914
  • Mousou
  • 712

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ