« 適当に作る | トップページ | しずく型を作る »

2017年1月26日 (木)

おまもりを作る

711

こどもが出来ても綺麗に着飾る人は着飾る。
化粧もすれば、マニキュアもして、 ストッキングもして、ヒールも履くし、
髪の毛もマメに巻いている。
でもその反対の生き物になってしまう人種もいる。
私もその一人。

まず化粧は日焼け止めと、かろうじて色無しリップ。
あんなに好きだった装飾品類(ほとんどおもちゃだけど)
つけることはほとんどなく、
ネックレス、ブレスレットに アンクレット、ピアスに指輪…
アクセサリーをつけるのが面倒と感じるようになると、
たまにつけても、なんか邪魔に感じてすぐに外してしまう。
スカート、パンツもゴムで、ベルトなど締め付けるのはだめ。
髪の毛はとくこともないので、
帽子でごましている (唯一のアクセサリーだ)
そう、手間のかかる、付随品はつけなくなる。
それって女捨ててる?って言われるのかもしれないけれど、
確かに一人子どもを産んだだけで、
何かがなくなった感じで、様々な感覚に変化が起こってしましました。
それでも最近読んでいる本や選ぶ本は愛だの恋だの書いてあるものが多く、
むか〜しの、そのどきどきして、ハンターのような気持ちを持っていたことも
思い出したりして、懐かしがっていたり…。

装飾品とはそもそも、自分をアピールするためにするものであって、
若い頃はお守り、または
「私はこういうものが好きなの」と無言で訴えているような感じで
つまりやっぱり自分を表現することにもエネルギーがあったのだど思います。
年を重ねるとそういうことしなくても自分の表現はできる方法を知っているし、
むしろ黙って、地味にしている方が
落ち着いて人とも対応できるような感じがします。

で、身につけない私が装飾品を作って、売る。
というのも おかしな感じだけど、
やっぱり「お守り」感覚で身につけてほしい。という願いがあるのかな?

きっとどの人にも当てはまるような
「モノ」があると思うので。

« 適当に作る | トップページ | しずく型を作る »

アートのしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 適当に作る | トップページ | しずく型を作る »

  • Photo
  • Fax
  • 721tane
  • 720power
  • 719
  • 718
  • 717
  • 716
  • 715
  • 914
  • Mousou
  • 712

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ