« 俳句を作る | トップページ | イベント用Tシャツを作る »

2017年10月 5日 (木)

第二弾うさぎ本を作る

741gin

「マイペースぎんちゃん」
うさぎが9歳の時に作ったものだけど、
その当時はうさぎは10歳までには月に帰るものだと思っていたので
記念にマンガでも描こうかな。
と軽い気持ちで第一段の本を作りました。

そして実際月にいったのは13歳。
動物を最期まで介護をしつつ看取ったのは生まれて初めてで
しばらくは悲しみのあまりうさぎのことなんて
何も考えられませんでした。
でも、おしりのはげはげになっている皮膚から
ハートマークが浮かんでいたりと、
とてもいいお別れだったこともあるし、
9歳から13歳までの期間のことを描いて。
とも、言われたので、思い出しつつ作ることにしました。

なんせ、私、動画も写真もほとんど撮らないので、
こと細かな部分を覚えていなかったりするのですが…。

思えば第一弾のあとから、
次々にあれよあれよと老化現象のようにいろんな病気がやってきて、
いつのまにかやんちゃなうさぎが
寝てばったりのじーさんうさぎになってしまって。
いるかいないかわからないくらい昼間の存在は薄くて…
ほとんど構ってあげなかったのに、
それなりに交流はできていて…。

なついてるのかなついていないのかも
さっぱりわからないまま月にいってしまって。
今日は中秋の名月だから、少し思い出してしまいましたが、
奴はきっとお餅つきなんかせずに臼でもかじって
ごろごろしていることでしょう。

うさぎはかわいくてメルヘンな世界で生きている。
と 思っているかもしれないけど、
かわいい顔していても 生き物ってやっぱり自然で獣です。
それを不自然な家の中で飼うんだから環境整えるのは大変。
絵本のようにかわいいことをしてくれるわけではないのに
また家族に迎え入れたいと思ってしまうのは、
うさぎの罠なのでしょうか…。

« 俳句を作る | トップページ | イベント用Tシャツを作る »

いきものとのくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を作る | トップページ | イベント用Tシャツを作る »

  • 752
  • 751
  • 750
  • Photo
  • 748
  • 747
  • 746_2
  • 745
  • Photo
  • 743
  • 742
  • 741gin

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ