« 同時進行で作る | トップページ | 怖がりを作る »

2018年9月30日 (日)

揺れる心を作る

771

ちびまるこちゃんにふとしたきっかけで
はまりだした小学3年生の娘。
そしてしばらくしてからさくらももこさんの訃報が。

実はさくらももこさんのマンガもアニメもエッセイもほとんど
読んだことがなかった。
ちびまるこちゃんの存在は知ってはいたけれど。
図書館にいけば特集コーナーがあったので、
この機会にちょっと読もうかと思いパラパラと……。

特にエッセイはすごく共感できるところがあった。
妊婦の時の題材にしたものでは体調の変化は
ホルモンの影響というようなことを書いていたけれど、
その心の描写と言葉の表現が絶妙で。
自分も他人もしっかりその心の動きを見つめて、
見つけられる人なんだ。 と思って読みいってしまいました。
マンガ本も読んだことなかったので、気になるタイトルのものを一冊。
娘に。
といいつつ私が読みたかったのだ。
そして不覚にも涙が…。
昨日も犬の出てくる本で涙が…。
いかん、これもホルモンのしわざだ。
月の訪れの前には精神的に不安定になるので
さらにちょっとしたことで揺れる。

いや、ほんと映画でも音楽でも本でもマンガでも、造形物でも
体調に関係なくいい作品に合えば心は揺れる。
以前、後の恐竜をテーマにした絵本を読み聞かせしていたら
涙で最後まで読めなかった。(娘はにやにや笑って見ていたけど)
「さいごの恐竜ティラン」ほんとに胸にせまるいい本でした。

と、本を読んだり、身体を動かしたり、制作に集中できるようになったり、
いつも真夏の暑い日々が過ぎた後、
急にさくさくといろんなことができるようなる。
そのときに季節が変わったのね。と感じる。
暑さのあまり熟考できなかったこともできる。
物語の中にも素直に入っていける。
いい作品との出会いはまた新たな作る意欲となって変わるからいいものです。
しみじみ…

暑さでしばらくぼーっとなっていたので、
もう私、このまま本当にぼーっとしたままで、
感じる心までにぶくなっていったらどうしようかと思っていたのですが、
ほっとしました。

« 同時進行で作る | トップページ | 怖がりを作る »

つくるくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 同時進行で作る | トップページ | 怖がりを作る »

  • 777
  • 776
  • 775
  • 774
  • 773
  • 772
  • 771
  • 770
  • 769
  • 768
  • 767

カフェ サボローゾ

  • 今年もどっぷり珈琲漬け
    2009年に立ち上げた スペシャリティーコーヒーショップ「カフェサボローゾ」実店舗はないけれど珈琲豆屋としてイベントなどいろいろと活動していきました。昨年2016年にはコンセプトブックも作成し、新たな心意気を表明しました。珈琲豆屋だけでない、口にするものから暮らしに関わる生活全てにおいて、「作るくらし」を意識して、できるところからコツコツと活動をしております。マンガ広告や、包装紙、オリジナルグッズなど他いろいろ作成。

  • 鬼ごっこ  中面
    「本」という形態が好きです。 カタログやパンフレットも私にとっては 物語のある「本」を作ることです。

まいにちのことno.2

  • りんごふたつ
    まいにちの小さな事件を真鍮+刺繍で作りました

ゴールデンライフ

  • G_gin
    金色に輝く日々!

まいにちのことno.1

  • さんぽしてみる
    毎日の「おっ!」を刺繍絵にしています。

つくるくらし

  • Mainiti_web
    ブログのテーマの作る暮らしのイラストを少しピックアップ